ASOBO!アルプススキー合宿 2018
日程:ロッジ宿泊 2018年12月21日~24日の3泊4日 4日間夢のアルプスで思いっきりスキー三昧。 雄大なアルプスの大自然のど真ん中のロッジに3泊。 場所:スチューバイ・タール氷河スキー場(オーストリア)

行ってきました! ワイン葡萄摘みツアー

10月4日と11日に予定していた葡萄摘みツアー

マインツの近く、ニアシュタインでワイン造りをしている浅野さんの葡萄畑とワイナリーへ。

今年は例年より2週間も早く収穫が始まり、その後もハイペースでの摘み取りが続いたため、10月8日には収穫作業が終わってしまいました。

10月4日は素晴らしいお天気に恵まれ、他の方も含めて総勢60名以上が摘み取りに参加、
たくさんの葡萄を収穫しました。

P1050191

摘み取り方を指導する浅野さん

P1050199

たくさんの収穫


005

非常に大勢の方が参加しました

10月11日は残念ながら葡萄摘みができなくなってしまったので、リューデスハイムに立ち寄った後に浅野さんのワイナリーと畑へ。

急な予定変更になってしまい、大変ご迷惑をお掛けしてしまいましたことを深くお詫び申し上げます。

車内ではモーゼルワイン観光ガイドの高木さんにお話をいただき、コブレンツの手前からリューデスハイムまでのライン河沿い、風光明媚なルートをバスで走りました。

ローレライを過ぎてしばらく行くと何と道路が通行止め。山側のルートへ迂回したため到着が遅くなってしまい、

滞在時間が短縮に。 子供たちもワイングラスを手に乾杯!

ワイナリーの葡萄ジュースを試飲、とっても甘くて濃厚、美味しくておかわりを連発、お店の人を困らせていました(笑)

P1050445

雰囲気のあるケラーで試飲

P1050447

乾杯!(ぶどうジュース)

P1050452

ワイナリーの葡萄ジュースはとても甘くて濃厚。

ニアシュタインへ移動、ワイナリー見学。発酵中のワインの香りが漂い、子供たちは鼻をつまんで「くさい!!!」

炭酸ガスが沢山出ていて空気が薄く、地下は危険とのことでした。

発酵中のワインの香りに鼻をつまむ子供たち

発酵中のワインの香りに鼻をつまむ子供たち

浅野さんから説明を受ける

浅野さんから説明を受ける

このあと子供たちは畑へハイキング、遊びに、大人たちはワイナリーに残ってゆっくり試飲&お話タイム。

私はもちろん子供たちと遊びに行きました。

途中、ワイン学校の畑には十数種類の異なるワインの品種が一列に並んで植えられていました。

見た目も味も異なる実に色々な葡萄があるものですね。

子供たちも大喜びで味見しました。

P1050507

畑の一角の広場でみんなで遊びました。

P1050476

十数種類のワイン葡萄を味見。甘くておいしい!

P1050479

すっかり熟して菌がついています。

P1050484

畑で味見はおいしくて楽しい!

P1050497

ぶどう美味しかった? はーい!

美味しい葡萄を食べた18人の子供たち、畑の一角の広場でみんなで遊びました。

2チームに分かれて王様と家来。

足の速さや年齢に関係なくみんなが楽しめる遊びです。

自然の中で遊ぶのはやはり気持ちが良いですね。

帰り路はもちろんおやつタイム。

リューデスハイムで美味しかったのでたくさん買っておいたシュテンゲルをみんなで食べながら畑を下りました。

このあと大人も畑で説明を受けながら葡萄を味見。

ニアシュタインではゆっくりと楽しむことが出来ました。

急な予定変更にも関わらず参加してくださった皆様、本当にありがとうございました!

また、予定変更によりキャンセルせざるを得なくなった方々には大変申し訳ありませんでした。

暖かいご理解をいただき大変ありがとうございます。

まだまだ未熟ではありますが、ひとつずつ勉強と経験を重ねて、今後に生かしていきたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。